日・モザンビーク親善コンサートの実施

2020/3/10
国歌演奏の様子
マカモAAcosida責任者によるスピーチ
 3月7日,ジンペト・ンドラヴェーラ地区にあるAAcosidaという孤児院において,当館,モレイラ・ションギッサ氏,JICAの共催で,「日・モザンビーク親善コンサート」を実施しました。孤児院の子供,地域住民,マプトの日本人社会から多くの人が参加し,にぎやかなコンサートとなりました。
 
 コンサートは,両国の国歌斉唱で始まり,関係者のスピーチのあと,JICAの戸谷専門家,上原隊員が日本に馴染みの深い音楽を演奏しました。最後の曲となったジブリ映画「耳をすませば」のテーマソング「カントリー・ロード」は,孤児院の子供たちも参加し,一緒に歌いました。
 
 その後,著名なサクソフォン奏者であるモレイラ・ションギッサ氏と同氏率いるMore Jazz Big Bandによる演奏が行われ,最後に比嘉派遣員によるエイサーのワークショップを実施しました。

 
三井次席によるスピーチ
JICA戸谷専門家と上原隊員による演奏
比嘉派遣員によるエイサーのワークショップ
More Jazz Big Bandによる演奏